Custom house

ペット対応物件の登場

分譲マンションや賃貸マンションにおいては、いまではペット対応物件が登場しています。家族として動物と暮らすのが一般的になった現代では、ペット可能な物件を選べる幸せと、その中でも意識したいポイントに目を向けられます。

もっと詳しく

買うときのポイント

一戸建て住宅を購入するなら、住宅ローンを取り入れられることは間違いなく意識したいところです。また、マンションと違って隣人に気を遣う部分が少なくなるため、生活音が出ても安心です。

もっと詳しく

納得できる理由

注文住宅を選択すると、検討段階から自分で動くべきことがたくさんあるため、大変な思いをする部分もあります。ですが、費用から内容まですべて自由にできて、性能の良い窓を取り入れて快適な家も作れるため、納得できるのは確実です。

もっと詳しく

チェックしたい項目

誰もが一戸建てを持ち注文住宅で家を建てるのが夢と言えるでしょう。それほどに話題が集めています。また、それに伴っている事で時間や費用での問題があるため、ここで把握しましょう。

もっと詳しく

注目の新発想

マイライフ応援!注文住宅で神奈川の有名な業者といえば、ココ!あなたの理想を叶えるプロフェッショナルですよ。

長期優良住宅の仕組み

注文住宅で、長期優良住宅の認定を受ける人が、急速に増えつつあります。 長期優良住宅というのは、良質な住宅を長期にわたって大事に使うという考え方に基づいてつくられた制度によって認定された住宅のことです。この制度は、2009年6月に施行された長期優良住宅法によって創設されました。 国が定めた認定基準を満たす住宅の計画を自治体が認定します。最近の集計では、戸建て住宅では、新築のおよそ2割が長期優良住宅の認定を受けているといいます。 認定を受けるためには、技術的な条件を満たしていることを示す書類を、自治体などに提出して申請します。申請にかかる費用は、設計事務所などに依頼することにより、書類作成なども含めて、一般に10万円から20万円程度となります。 現在は、注文住宅などの新築住宅のみが対象となっていますが、近いうちに既存住宅のリフォームについても同様の制度ができることになっています。

認定を受けることで得られるメリット

長期優良住宅の認定の基準は、耐震性や劣化対策、維持管理などの、物理的に長く使うための基準のほかにも、省エネルギー性などの社会的資産として求められる要件や、長く使うための維持保全計画などもあります。また、修繕やリフォームの履歴を残すための住宅履歴を備える必要もあります。 つまり、長期にわたって残るための住環境への配慮が求められているのです。 こうした多くの基準をクリアしてでも、注文住宅において、この認定を受ける人が増えている理由は、認定を受けた住宅には、税制や補助金などの優遇が受けられるとういうメリットがあるという点が大きいと言えます。 住宅ローン減税の上乗せや所得税の控除などに加えて、登録免許税や不動産取得税でも優遇措置がある上に、長期固定金利住宅ローンにおける金利の優遇措置なども用意されています。 このようなさまざまなメリットをみると、注文住宅を建てる際に検討してみる価値のある制度であると考えられます。